アニマルデザイン|株式会社ユーカリ工業

メニュー

犬にとってケージやサークルが必要な理由

しつけ

犬の室内飼育にケージやサークルの準備は不可欠です。「狭い場所に閉じ込めてかわいそう!」と感じる飼い主さんもいるかも知れませんが、ケージやサークルは犬にとっても飼い主にとっても非常に重要なものなのです。

その理由は大きく分けると4つあります。



① 落ち着く!

犬は本来、穴倉動物と呼ばれています。穴倉動物とは穴を掘って巣を作り、そこで休む習性を持つ動物の事です。本来、こうした習性を持つ犬が人間に飼われるようになると、巣に代わる場所が必要となります。

そして、ケージやサークルがまさにこの役割を果たしてくれるのです。ケージやサークルは、犬が毎晩落ち着いて眠る事が出来る安定した寝床となります。嫌な事があったり、嫌いな音が聞こえて来たりした時に避難できるスペースともなるのです。

また、ケージやサークルの大きさも重要となってきます。人間の観点からすれば、狭いスペースに入れられた犬は窮屈に思えるかもしれません。しかし、犬は上述の本来の習性ゆえに狭い場所を好む傾向があるのです。むしろ広いと落ち着かないとも言えるでしょう。

そして犬にとってのケージやサークルは自分の居場所・寝床にすぎません。人間のように家具や家電を配置したり、装飾品を飾ったりするスペースは必要ありません。自分が落ち着ける狭いスペースがあればそれで十分なのです。

犬は囲われた落ち着けるスペースがあると、安堵感を得る事が出来ます。結果としてしっかりとして落ち着いた性格へ育つことにつながります。



② 躾に抜群の効果!

ワンちゃんと一緒に仲良く過ごす上で、躾はとっても重要です。ワンちゃんをお家に迎える時にしっかり躾をしておかないと、トイレの場所が守れない、お留守番が出来ない、むやみに吠える、噛みつく、などのクセがついてしまい、後から躾をするとなると大変です。

 躾を行う際には、段階を経てステップアップして行く方法が最善です。その際に、ケージ・サークルが抜群の効果を発揮するのです。例えば、トイレの躾をするとき「部屋の中でトイレの場所を覚えさせようとして、何度教えてもも中々覚えてくれない…。」なんて事はよく起こります。

しかし、ケージやサークルがあれば簡単です。

まずは、ケージやサークルに囲われた限られたスペースの中で、トイレの場所を覚えさせれば良いからです。ワンちゃんだって“自分のスペース(ケージやサークルの中)”がむやみに汚れてしまうことを嫌がります。

そこで、“家中どこでもワンちゃんのスペースで、間違った場所でトイレをしてしまっても飼い主さんが片付けてあげる。”という状態から、“決められた自分のスペースの中で、決められた場所でトイレをしないと、自分のスペースが汚れてしまう。”という状態にしてあげることで、自然にトイレを覚えることが出来ます。

ここをクリアすれば、部屋の中でフリーになったとしても、トイレスペースを容易に識別する事が出来るのです。他の躾も同様で、まずはケージやサークルで躾を行うととても効果的なのです。



③ 権勢症候群を予防!

権勢症候群という言葉は、余程の犬好きの方ではない限り聞き慣れない言葉でしょう。別名をアルファーシンドロームと言います。

一般的には、犬が自分は人間より上位だと思い込む状態を意味します。(犬独自のコミュニケーションが人間に通じず、最終手段として現れる反応であるという説もあります。)

症状としては、気に入らない事があれば吠えたり唸ったりする、家を破壊したりマーキングしたりする等があります。他にも飼い主の制止を無視する、散歩の時に飼い主を引っ張りまわす等も挙げる事が出来ます。

つまりは“命令を聞かない”状態だと言えるでしょう。人間の指示していることが理解できない。もしくは支持に従うような関係になっていない。ということです。

ケージやサークルの設置は、この権勢症候群を予防するとても有効な手段です。何故なら、権勢症候群と呼ばれているような態度をさせてしまう原因である

「人間は、自分と同じグループの部下だ。指示はきかなくていい。」

「人間の伝えたい事が全くわからない!どうしたらいいのかわからない!なぜ怒られているの!?」

ということをワンちゃんが認識してしまうことを予防できるからです。

そもそも犬は平和主義で、賢く、協調性があるので、飼い主が望む犬との関係や、犬への愛情を犬がわかるように伝えることが出来れば、信頼関係を築きやすい生き物です。ケージやサークルの設置により、物理的な躾が出来るようになれば、

ワンちゃんが感じている不安を解消してあげることが出来る場合があります。権勢症候群は後々の犬の性格や行動に大きな悪影響を及ぼすので、ケージやサークルを設置し、事前に予防する事には計り知れない益があるのです。



④ 分離不安症を予防!

分離不安症も、上述の権勢症候群と並び中々聞き慣れない言葉です。分離不安症とは、犬が飼い主と離れる事で不安になり問題行動を起こす症状を意味します。

飼い主と一緒の環境に慣れ過ぎて、飼い主と離ればなれになる事に耐えられないのです。起こす問題行動としてはモノを破壊したり、吠え続けたり、自分をかみ続けると言った行動が挙げられます。

この分離不安症の原因は、犬と飼い主の過度に緊密な距離感が一因です。いつでもどこでも飼い主と一緒、食事も睡眠も一緒という環境が典型的な例です。しかしケージやサークルがあると、状況は異なってきます。飼い主と犬との間に一定の距離感を保つ事が出来、犬自身自立した健全な精神を培う事が可能になるのです。



■まとめ

ケージやサークルを使用して犬を飼育する事には、大きなメリットがあります。

落ち着ける居場所を犬に提供する事が出来、躾にも抜群の効果を発揮します。

権勢症候群や分離不安症といった症状の予防にもとても有効なのです。

犬を飼育中もしくは飼育を検討しておられる方は、是非ケージやサークルの使用を検討してみてはいかがでしょうか。

その他ご相談も受け付けておりますのでお気軽にどうぞ。






コンテンツ一覧ページへ戻る