アニマルデザイン|株式会社ユーカリ工業

メニュー

犬の噛み癖を治すには?

▼犬が噛みつく原因・理由

普段はとてもかわいくて、大人しい一面もあるものの、気に入らない事があると唸る、噛みつく愛犬も実は少なくありません。

愛犬が噛みつく理由、それは単なる意思表示です。嫌だ、気に入らないという場合、噛むという行為に出る事で相手がひるむ、手を止めるという事を愛犬が覚えてしまっているのです。これは、犬による人間への逆しつけ状態です。

噛みつき行為のある犬の大抵は、子犬の頃の甘噛みをしっかりと治さなかった事に原因があります。甘噛みを子犬の一時的ないたずらと捉えてしまったり、何度叱っても治らないからとあきらめてしまった事で犬は自分が噛みつく事、脅かす事で人間をコントロールできると思ってしまっているのです。

この状態は、共に生活をするうえで決していい状態とはいえないでしょう。首輪を付ける時、ブラッシングをしようとしたとき、抱っこしようとしたとき、生活の中で犬の気分によって噛みつかれては、たとえ家族同様といっても見過ごせないものです。

▼犬が噛みつくのをやめさせるにはどうしたら良いか

大人になっても噛みつき癖の治らない犬の場合、性格が気難しい、気が強い、神経質な面が見られる事が多いようです。このような犬の場合、噛みついてきたときに強く叱る、叩くという手法はかえって犬に反抗心を芽生えさせてしまい逆効果です。

犬は、飼い主以上に強い態度に出るようになり、飼い主よりも優位な立場になろうとするものです。ですからこのような場合には、犬が噛みつこうとする仕草を見せた時に、叱る、叩くのではなく、驚かすという方法が効果的です。

例えば、ペットボトルに小石やビーズを入れたり、大きな音のするブザーを用意します。

犬が噛みつこうした際に、犬に気がつかれないように、タイミングを合わせ大きな音を鳴らします。ここで大切なポイントは、音の原因が飼い主にあると気が付かせない事です。

飼い主が原因だと犬が気が付いてしまうと効果がありません。犬自身が噛みつこうとした瞬間に、なんだか理由がわからない、相手が分からないけれども不快な音がすると理解する事で次第に噛みつき行為が解消されてゆくからです。

▼覚えておきたい「犬の噛みつき癖」を治すしつけ

犬の噛みつき癖を治すには、焦らず時間を掛けて犬との関係性の再構築を行ってゆきましょう。

犬は本来飼い主に従順で、友好的な動物です。共に暮らす家族を噛むという行為は、犬の本能に見合わない大変な問題行為です。犬がこれほどまでの問題行動に出るには、飼い主側にも何等かの理由があるものです。

例えば、ブラッシングや爪きり、耳掃除など身の回りのお手入れをされる事を嫌い、噛みつき行為にでる犬の場合には、過去に爪切りを失敗し出血をさせてしまっていないか、ブラッシングの時に力を入れ過ぎてしまい、犬に痛い思いをさせてしまっていないか、耳の中がただれているのに強い力加減で耳掃除をしてしまっていないかなど、なぜ犬が噛みつくのか、どのようなタイミングで噛みつくのか、誰に噛みつくのかを見極め、その原因をしっかりと把握しましょう。

もし、犬が痛みや不快感から噛みつくという行為に出ている場合は、飼い主に体に触れられただけでも警戒心を抱き、神経質にもなっているでしょう。

まずはこの状態から改善してゆきましょう。爪切りやブラシを手に持つ事なく、代わりにオヤツを片手に握り、もう片方の手で愛犬の体を優しく撫でてあげましょう。何度か繰り返し、犬がリラックスした状態で体を触らせてくれる状態になったら、つま先、爪、耳など犬が過敏に反応する部分もそっと撫でてみましょう。

犬が苦手とする部分を警戒する事なく触らせてくれるようになったら、その次のステップとして、短時間で無理強いしないように爪切りやブラッシングを再開してみましょう。

犬の噛みつき癖を治すには、まずは犬との関係性を良好な状態に戻す事から再スタートしてみましょう。

コンテンツ一覧ページへ戻る