アニマルデザイン|株式会社ユーカリ工業

メニュー

「犬の無駄吠え・吠えグセを治すしつけ方」

しつけ

犬のしつけに関して、一番の困りごとといえば吠えグセではないでしょうか。何度叱ってもなかなか治らない吠えグセは、家族のストレスになるだけでなく、ご近所との騒音トラブルになってしまわないかとも気がかりなものです。

犬の吠えグセは正しい対処法、しつけ方で家族が接する事で改善できるものです。

もう成犬だからとあきらめてしまう必要はありません。犬は何歳になってもしつけ直しが可能な生き物です。家族全員で正しい方法を身に着けましょう。

 

 

 -吠えグセの原因

犬が吠える原因は大きく分けて3つです。

①    「要求による吠え」

犬を飼い始めてからというもの毎朝家族よりも早く起きて大声で吠え続け、家族だけではなくご近所さんまで起こしてしまう。というケースはよく聞きます。

さらに、吠える事をやめさせようとして家族が声を掛けると、ますますエスカレートし大声で吠え続けるので、どうしたらいいのかわかりません…なんてお悩みをお持ちではないでしょうか。

同じような吠え方で食事を催促したり、ケージから出すように催促する場合もあるでしょう。要求がどうであれ、自己主張の為の吠えグセです。

 

②    「恐怖による吠え」

ワンちゃんがとても臆病で怖がりな性格で、玄関チャイムや携帯の着信音にまで驚き、けたたましく吠えてしまう場合です。吠えている最中はまるで飼い主の声が聞こえていない状態で、一心不乱に吠え続けます。

 

③    「威嚇による吠え」

ワンちゃんの気が大きくなってしまっていて、玄関チャイム、道路を走るバイクの音、電車の音、他の犬の吠える声に反応し、威嚇して吠える場合です。吠え方はとても力強く、声も大きいです。

 

このように、一見すべて同じに思える「吠えグセ」でも実は異なった理由があるのです。改善するためにはそれぞれの理由にあった対象法が必要なのです。

 

 

 

 -吠えグセを治すしつけのコツ

まず、すべての理由に共通する対処法として、「犬に理解できる言葉で注意する」という事が大切です。

吠えている犬に向かって何度注意しても治らない・吠える事をやめてくれない。このような状態になってしまう理由は何だと思いますか?

それは、犬が「叱られている」事を理解できていないからです。

しつけのありがちな失敗ケースとして、吠えている犬に飼い主が大きな声で名前を呼ぶ、「うるさい」と怒鳴るという方法があります。

この時、犬は飼い主が何かに怒っている。という事は理解できるものの、その本意は理解できていません。ですから、ほんの一瞬吠えるのをやめてもすぐに吠え始めてしまうでしょう。

例えば、犬に「オスワリ」と飼い主がいえば犬は「座る」という行動を起こします。「フセ」「オテ」「オイデ」も同様でしょう。これらはそれぞれの号令に対してどのような行動をとるべきかを日常の中で飼い主が教えているからです。

では、「名前を呼ばれた時」「うるさい」と言われた時、どのような行動をとるべきか犬に教えた事があるでしょうか?

大抵の場合、正しい行動をとる事で飼い主に「褒められる」「ご褒美がもらえる」という結果が起こり、犬は飼い主の号令の後に取るべき行動を覚えてゆきます。

でも、吠えている最中に「意味の分からない」言葉を聞いてもどう行動したらいいのかわからないのです。一瞬黙ってみるという行動をしても、飼い主がほめてはくれず、益々大声で叱られてしまいます。犬はパニックになり益々興奮し吠え続けてしまうのです。

これが「吠えグセ」が治らない原因です。

 

では、「吠えグセ」のタイプ別の改善策を考えてゆきましょう。

①    まず「要求吠え」の場合

散歩や食事を催促するために吠える場合、犬の生活リズムをわざと乱してしまいましょう。今までは、「犬が吠えて催促するから」と、家族が早起きをし、寝起きですぐに散歩に連れだしていたかも知れません。

でもこれからは家族が朝起たい時間に起きて、テレビを観たり朝食を済ませる事を優先させます。もちろんその間、犬は吠え続けるでしょう。でも、あえて名前を呼ばず、叱る事もせず家族全員で無視をします。

この方法のだと、犬は家族が起床してもすぐに散歩に行けないという事を理解し、徐々に散歩の催促が弱まってゆきます。散歩に連れだす時間や生活のリズムをあえて不規則にする事で、催促すれば必ず応えてもらえるわけではないとわかってもらいます。

 

②    次に「恐怖」や「威嚇」で吠えている場合

玄関チャイムに吠える場合や屋外からの騒音に呼応して吠えてしまう場合、犬の精神状態は「極限状態」にあります。特に恐怖で吠えている場合、飼い主から叱られる事で、甘え、頼る先を失くしてしまい益々追い詰められてしまいます。

ですから、この場合叱る時の言葉を「ハウス」など、しつけができている言葉に切り替えてみましょう。犬が吠え始める素振りを見せた場合や吠えている最中に「ハウス」と声を掛け、オヤツを使いハウスへ誘導します。

この場合、犬は「ハウス」という号令に、自分がどう行動すべきかを理解しているので、吠えている最中でも自分のケージの中へ戻る事が出来ます。

ケージの中は、犬にとって完全な安全地帯ですから、精神的に落ち着きを取り戻す事ができ、徐々に吠えグセの改善にもつながります。

ハウスによる吠えグセの改善を始めても最初のうちは、興奮状態にありなかなか自らハウスへ入る事が難しいでしょうが、その場合、飼い主が抱き上げ、「ハウス」という号令とともにケージの中へ入れてあげましょう。

 

-吠えグセを治すしつけをする時に気をつけたいこと

吠えグセの改善や留守番中の吠えグセの解消には、「ケージ」が必須アイテムです。

また、「ケージ」を選ぶ際には、それぞれの犬にあった正しいサイズで選ぶことが大切です。

犬のケージを選ぶ際の目安は

①犬が立ち上がった状態で頭上に5cmほどの隙間が出来る程度の高さ

②犬が立ち上がり体の向きを変え、無理なく方向転換が出来る程度の横幅

③犬が足を伸ばし寝そべった状態で、「水入れの器」を置くスペースが出来る程度の奥行

です。

ありがちな間違えは、家に置ける最大限のサイズを選ぶ事、トイレのスペースをケージ内に確保する事などのように「広さ」を求めてしまう事です。

ケージ内にトイレを設置する必要性がある場合は生後1年未満の子犬の場合です。1年を過ぎると、半日程度がトイレを我慢できるようになる上に、自分の寝床は汚さないという本能も強く現れるようになるので、トイレスペースの確保は必須とはなりません。

 

また、「ケージ」は犬の興奮を抑え、精神的に落ち着かせるために活用します。犬の体に対して余分なスペースがありすぎると、犬は「ハウス」をした後もケージ内で激しく動き回り、興奮が収まらないのです。

ですから飛びはねたり、動き回る事の出来ない、ジャストサイズのケージを選ぶ事が吠えグセの改善には効果的なのです。

コンテンツ一覧ページへ戻る